麻酔薬の歴史

手術の時には不可欠なものとなっている吸入麻酔薬。様々な吸入麻酔薬が存在しますが、歴史の舞台に初めて乗ったのは笑気ガスです。外科手術の歴史は古いですが、麻酔の出現はどのような変化があったのでしょうか。今回は麻酔薬の歴史と変化を説明します。

十七世紀頃のヨーロッパの油絵を見てみるとその状況を知る事ができます。そこには、脚を切断された人と、鋸を持った外科医(当時は床屋でした)が書かれている横に、ボクシングの選手のようなグラブをはめた強そうな男性が書かれています。お察しの通り、手術の前に患者を殴って気絶させた後に、床屋が手術を行った図です。

この頃は、穴をあけるはさみによる強打や、部屋の上部を限る面から患者を逆落としにして一時意識を失わせてから手術を行っていたのです。それから年月を経て、この一見野蛮な床屋外科手術に置き換わって、近代的外科手術に置き換わっていきました。もちろん無麻酔で行っていましたので、痛みをどうやって我慢するかがこの頃の課題でした。

1772年、イギリスのPriestleyが発見したnitrous oxide(N2O)は、これを吸入すると顔の表情が笑っているように見えるので、一般的には「笑気ガス」と呼ばれています。
その後、イギリスのデーヴィーがこの笑気ガスの研究中にたまたま自身で吸引することで、麻酔効果(正確には酩酊効果)を発見しました。吸引した後の表情から笑気ガスと名付けたのも彼でした。

その後たくさんの人に利用してもらい麻酔効き目を検討していき、学術的な研究成果を理論的に述べた文章に出しました。しかし彼はこの実用化研究から手を引かざるをえなくなりました。もし彼が笑気ガスの麻酔効果の実用化研究をつづけていたならば、人類はもっと早くに手術の痛みから解放されたとも考えられています。当時は産業革命全盛期であり、工業的な実用化研究には助成金がたくさん集まる反面、麻酔効果の研究にはあまりお金が集まらなかったのです。

そして、デーヴィーが笑気ガスの麻酔効果を発見してから四十年くらい経った頃、歯科医のWellsがたまたまこの笑気パーティに参加した際に、膝から出血した参加者が笑気ガスを吸っていて全く痛くないという言葉に着目し、抜歯手術で麻酔効果を試みようと考えました。

この実験自体は失敗に終わったのですが、その後、ウェルズに影響を受けた歯科医のモートンと医師兼化学者のジャクソンといった者達にその意志は引き継がれ、笑気ガスの代わりにエーテルを麻酔に使うことで麻酔実験は成功しました。その後色々な人達の手によってクロロホルム、シクロプロパンなどの麻酔効果が証明されていき、現在に至っています。
日本で麻酔の話と言えば、1804年の華岡青洲の「通仙散」による乳がん手術の話が有名ですが、是非今回の話も一緒に覚えておいてください。

大人気な麻酔剤:表面麻酔の効果がある医薬品